的はずれな玉城デニー批判

2018年9月30日投開票の沖縄県知事選挙にて、玉城デニーが当選した。
これに関して、佐喜眞淳支持者が玉城デニー県政について憂いの声を上げるのは、それがトンチンカンな言いがかりだとしても理解できる。
なぜなら、佐喜眞淳が県知事になることによって、何らかの利権を獲得できる人もいるだろうから。

ここで批判したいのは、そういった類いの人たちではなく、沖縄県知事選挙戦の最中から「玉城が勝っても佐喜真が勝っても、日本の安全保障は大変なことになる」と言ってきた人たちのことである。
玉城か佐喜真のどちらかが沖縄県知事になることは最初から分かっているのだから、どちらが県知事になっても、彼らの主張を取り入れた上で、もう一段階上の階層で日本の安全保障を考えなければならないのだ。

今まで散々、米軍基地の大半を沖縄県民に押し付けておきながら、「沖縄が日本から独立されたら困る」と言ったところで、それは本土の人間の都合に過ぎない。
玉城デニーが沖縄独立を目論んでいるというのなら、それをさせないように基地負担を軽減するような政策を撃ちださなくてはならない。

それを実際にやるのは政治家の仕事だが、ただ「沖縄独立反対」を唱えるだけでは、今まで苦労を重ねてきた沖縄県民の理解は得られないだろう。