他人任せの反安倍勢力

上念司という自称経済評論家がいる。
先日行われた沖縄県知事選挙戦(2018年9月30日投開票)において、彼が玉城デニーに対するデマをSNS上で拡散したことが問題になっている。

私も上念司のデマ拡散を非常に問題視しており、SNSで彼の行為を糾弾するコメントを発していた。
すると、ある人から『上念司を始めとする、デマを拡散した人を告発する運動をやりましょう』というメッセージを頂戴した。

このメッセージを読んだ瞬間、これだから安部政権反対派は、いくらやっても勝てないんだと思った。
そんなに運動をやりたければ、まず自分が声を上げてコミュニティを作るなり、告発するなりすればいい。
人にはそれぞれの生活事情というものがある。
その中で、貴重な時間を削って政治的発信を行い、自分のできる範囲のことをやっている。

「こうすべきだ」という強い意志があるのであれば、まず自分から動かなければならない。
いつも他人任せでは、いつまでたっても日本社会は良くならない。